早稲田大学 法学部

伊藤 元俊さん盛岡第一高校卒

このたび、第一志望であった早稲田大学法学部に合格する事ができました。担任の吉田勝先生をはじめ、多くの先生方のおかげでこのような結果を勝ちとることができました。ありがとうございました。

この一年で気付いたのは、基礎の重要性です。現役生の時から、「基礎があってこその応用」と言われてきましたが、受験のあせりもあり、どうしても難しい問題ばかりを解いていました。しかし、浪人する事になり、「もう一度最初からじっくりやろう」と思い、毎日単語何語、あるいは日本史の参考書何ページなどを決め、コツコツとこなしました。特によかったのが英語の音読で、すらすらと音読できるようになるにつれ、長文を読むスピードも上がりました。徹底的に基礎を固める事で、多少難しい問題が出てきても推測して解けるようになりましたし、何より、何度もくり返す事で「自分はこれだけやったんだ」という自信を持って本番に臨む事が出来ました。

また、もう一つ、僕が大事だと感じたのが、「悪あがきする」事です。一年間過ごせば、問題が思うように解けなかったり、模試が悪かったりと、「もうダメかな」と思う事が何度もありました。でもそこで開き直って、「やれるだけやってやる」と頑張れたのが良かったのだと思います。

今思えば本当にあっという間の一年でした。改めて、様々な面でサポートして下さった中ゼミの先生方には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。

サクセスボイス