早稲田大学 政治経済学部

伊藤 良渓さん盛岡第一高校卒

こうして中ゼミの合格体験記を書けること、本当に嬉しく思います。授業や個別指導などでお世話になった先生方に、合格の報告をできてよかったです。去年の4月には、早稲田の政経に入ることになろうとは、まったく想像していませんでした。

もともと僕は、語学系の大学を第一志望にしていたのですが、早稲田でなら、語学と、また同じくらい興味を持っていた政治系の勉強との両立が可能そうだ、ということで秋頃に志望を変更しました。突然の相談でしたが、担任の須藤先生はすぐに早稲田の国語対策を始めて下さいました。国語が一番心配だったので、できるだけ多くの過去問を解いて、何度も復習をし、国語に対する苦手な印象を減らしていきました。途中での志望変更とはいえ、政経に入りたいという気持ちでは誰にも負けないつもりで頑張りました。小坂校長の「腹の底から『ここに入りたい』と思う人が最後に勝つんだ」という言葉が頭にあったからです。

試験前日の移動日とか当日は、緊張で勉強に集中できなかったので、今まで使ってきた教材を軽く音読したり、過去問ノートを眺めたりして自分を落ち着かせました。自分の実力を100%出し切れば絶対大丈夫だと、何度も自分に言いきかせて、精神的なコンディションを整えました。

これを読んでいるみなさんはいま、新たな気持ちで中ゼミに入学しながらも、不安とか寂しさとか、複雑な感情を抱いていると思います。僕もそうでした。でも、過去についてくよくよしても、未来について不安になっても、現状は変わりません。いま目の前にあることを、辛抱強く、ひとつひとつ頑張ることが、合格への一番の近道です。中ゼミの先生方についていけば、きっと大丈夫です。心から応援しています。

1.英語 音読を強くおすすめします。何か自分の中で軸になる問題集(長文)をひとつ決めましょう。それを繰り返し解き、そして復習として何度も音読して下さい。僕の場合は旺文社の『英語長文問題精講』でした。この一冊を、一年を通して何度も読み続けました。音読する際には、ただ読むのではなく、文構造や、単語のアクセントなどを意識して読んで下さい。友達に説明できるようになることが、理想です。何度もやるうちに内容を覚えてしまって、意味がないんじゃないか、と思うかもしれませんが、覚えるくらい読み込むことで、その文章で使われている語彙や構文が自然と身についてきます。また、これくらい慣れ親しんだ一冊があると、試験直前に読むことでリラックス効果も期待できます。

2.国語 現代文は、できるだけ多くの文章に触れて、読解力をじわじわと上げるしかないです。僕はディスコースマーカーを意識することで、やみくもに読んでいたころよりも少し読みやすくなったなという感覚がありました。古典は最後まで苦手だったのでなんとも言えません。。。

3.世界史 早稲田の地歴は難問・奇問ぞろい、浪人生有利だ、と思われがちですが、全然そんなことないです。解いてみると、たしかに知らない情報が混ざってはいるものの、知っている情報で選択肢を落とすことができる、という場合が多く、また記述式の問題は教科書レベルです。そのため、現役生でも得点できるような基本的事項での失点が命取りになります。センターレベルの問題でも、あなどることなく、着実にものにしていってください。世界史でも、軸の一冊があると良いです。僕は東進の『世界史B一問一答』を常に持ち歩いて、この内容を覚えることを優先しつつ、授業や模試、過去問などで知った情報をひたすら書き込んでいく、というやり方をとっていました。何かあったら必ずこれを開いて復習する、または書き込む、というプロセスの繰り返しによって、知識を頭に定着させることができました。

サクセスボイス