東北大学 経済学部【AOⅢ期】

菅原 杏樹さん水沢高校卒

大学生になれて嬉しいです。合格した今、しみじみ思います。現役時はただなんとなく流されるままに受験をした感じでした。何としてでも合格する、という気持ちが今ひとつ持てなかったように思えます。もちろん一所懸命に勉強はしたつもりでしたが、結果はだめでした。

浪人するのを機に将来のことを真剣に考えました。自分は何をしたいのか、どうありたいのか。出した結論は「しっかりと経済学を学び地元に貢献できる人になる」ということでした。生まれ育ったこの土地で公務にたずさわって恩返しをしようと。そこで理系から文系に変わりました。地歴・公民に大きな不安を抱えてのスタートでしたが、中ゼミの授業を真剣に受けて予習復習を欠かさなかったところセンター試験では高得点をあげられました。「勉強しなきゃ、しなきゃ!」という思いが頭から離れない一年でしたがセンター試験では9割を超えられたのでAOⅢ期入試に挑み、友人たちよりちょっとだけ早く合格することができ喜びもひとしおです。

中ゼミでは小坂校長先生や担任の吉田勝先生との面談が印象に残っています。一対一で私の考えを聞いてくださり、アドバイスや小話等々も話してくださる機会は、大変貴重な経験であったなあと思っています。それから添削。特に数学は毎週頭を悩ませましたが、センター試験に向けての勉強漬けの時にじっくり考えなければ解けない問題に取り組んだことは、良い刺激になったと思います。受験には面接が必要でしたが面接なんてしたことない!という状態から、吉田副校長先生に初歩の初歩から指導していただいて本番の試験を乗り切ることができました。終えてみれば充実した一年であったと思います。

サクセスボイス