福島県立医科大学 医学部 医学科

内田 康裕さん盛岡第一高校卒

念願の福島県立医科大学に合格することができて本当にうれしいです。二次試験は失敗してしまったと思っていましたが、良い結果を出せたのは中ゼミのおかげだと思っています。

私は、現役の時はやみくもに勉強していました。しかし中ゼミで小坂校長先生の講話を聞き、自分の目標を達成 するためのレールを教えていただきました。基本的な勉強方法について、難しい問題を解いて力をつけるのではなく、まず一歩一歩、一分野一分野完成させていく、というお話を聞き、考え方が変わりました。 また、各シーズンごとの過ごし方や合格するための問題の解き方など、試験に対する姿勢を指導していただけたことはとてもためになりました。

また、中ゼミでは何事にも親身に対応していただけたのが良かったです。私は自分の進路について不安になることが何度もありましたが、担任の吉田副校長先生がその度に正面から受け止めて、精神面で大きく支えてくださいました。そのおかげで最終的に医学部一本でいく決心ができ、良い結果につながったと思っています。 加えて、担任以外の先生方も日頃から、調子はどうか、と気にかけてくださり、質問にも気軽に対応してください ました。合格発表の後、教務室の先生方全員から「おめでとう」と声をかけていただいた時、初めて合格した実感が湧きました。苦しい日々を耐えてきて本当に良かったと感じた瞬間でした。

中ゼミには同じ目標を持つ仲間達がいたことも頑張りを支えてくれました。友達と勉強を教え合うことで一人では見えなかったものに気づくことができ、記憶を定着させることもできました。私は記憶力に自信がないので解答を覚えるという方法はとらずに、なぜこの考え方をするのか、を吟味しました。その時に友達と一緒に解説をしていく、ということをしていました。自分の考えを話し納得してもらう。そして相手の考え方も理解する。 これは非常に密度の濃い有意義な勉強だったと思っています。 ライバルとして競ったり、時には励ましたり、仲間と支え合った日々でした。関わってくださったたくさんの方々への感謝を忘れず、立派な医師になります。

サクセスボイス