東北大学 文学部

野澤 雅裕さん盛岡第三高校卒

現役生の時からの第一志望であった東北大学文学部に合格することができ喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年の3月、私はとにかく不安な気持ちでした。後期で合格した大学か、浪人かを迷いましたが、1年間がんばって東北大学に合格すると決意しました。しかし当初、私の学力は東北大学合格には到底及んでいなかったです。そんな不安な学力を向上させたのは間違いなく合格保証プログラムだと思います。私はP生でなかったら合格してなかったかもしれません。P生の特典で印象的だった国語、数学、日本史について書きたいと思います。

まず国語は担任の須藤先生に数多くの添削指導をしてもらいました。初めは何を書けば点数がとれるのかも分からずテキトーにやっていましたが、添削のおかげでポイントをつかんだ答案作成の極意が自然と身につきました。次に数学では澤本先生に私の壊滅的な数学力を徹底的に鍛えてもらいました。はっきりいって澤本先生に数学を教えてもらっていなかったら落ちていました(笑)。そして日本史は田中先生の授業の楽しさがとても印象に残っています。ただ楽しいだけではなくとても受験に役立つ授業で、阿部君との個別授業ではとても高度なことも教えてもらいました。あと、『楽覚』は無敵なので大学にも持っていきます。

他にも多くの先生方の授業を受け、入試を突破する力を養いました。後輩の皆さんは是非授業を『最前列』で受けて下さい。特に受川先生の倫理の授業はオトクです!最後に私は今回のセンター試験でも失敗してしまいました。自慢のように見えるかもしれませんが、センターまでの模試は東北大文学部の受験者の1~10%以内には収まっていました。しかし本番で本当にその点数がとれるとは限りません。その受験の怖さを本当に思い知らされました。

しかし1年間努力した人、必ず何らかの形で報われると思います。私の場合は、二次力だったと思います。たとえ判定がAでなくとも1年間努力した自分を信じてやり抜けば合格できます。そして予備校に通わせてくれた家族にも本当に感謝しています。

成績のことでケンカになったこともしばしばありましたが、ずっと私の合格を信じてくれた家族の支えがあってこそ合格できたと思います。この1年間で私は大きく成長できました。家族、中ゼミの先生方、沢山の模試を無料でこっそり受験させてくれた澤本先生、そして同じ学部に受かったライバルの一道に本当に感謝しています。ありがとうございました。

追記:静かな自習室でペン回しはやめたほうがいいです。本当にうるさいので他の人の迷惑になりますよ!

サクセスボイス