2015年度 喜びの声 【国公立大学】

弘前大学 農学生命科学部

稲川 諒太さん盛岡北高校卒

合格できて中ゼミには感謝しています。がんばってきて努力が報われ良かったです。中ゼミの先生方、特に担任の平井先生には感謝しています。最終的な受験校を決めるとき、様々な情報を提供していただき、自分の持っている力でできるだけ上の大学をねらえるようアドバイスをもらいました。お陰で納得して受験ができたし、本番でも100%以上の力が発揮できたと思います。勉強は最終的に「自分が納得できたか否か」がポイントとなります。納得がいかないままだと勉強に身が入らないのは当然です。担任とよく話し合っていろいろな情報を提供してもらって納得してから前に進むことをおすすめします。中ゼミでの努力をこれからも生かしていきます。

弘前大学 農学生命学部

畑谷 公太さん岩手高校卒

私はずっと念願だった国公立大学の農学部に合格でき、ほっとすると同時にすごく満足しています。この1年間は非常につらく、真っ暗なトンネルをひたすら前進するかの如く、本当にこのトンネルは出口があるのかと思うくらい大変だったなと思いました。そんな中、暗闇に光を灯してくれた中ゼミの先生方を始め、家族そして友達のみんなのおかげでトンネルの出口を抜けることができました。本当にありがとうございます。この1年間を送ることで、苦労することの本当の意味を理解できました。今後ある程度の苦労なら耐えていける気がします。お世話になった中ゼミの先生方、友達のみんな、そして家族にあらためて感謝の気持ちを伝えたいと思います。

弘前大学 医学部 保健-看護学

中軽米 祥太さん盛岡第三高校卒

中ゼミでは授業はわかりやすく毎日楽しく勉強することができました。勉強が楽しい、しかも受験勉強が楽しいとはおそらく信じられないことかと思いますが、授業を受けるたびに少しずつですが疑問点が解消され理解が深まっていくことがとても嬉しく感じました。また担任の平井先生には勉強と進路について本当にお世話になりました。忙しい中とことん話に付き合っていただき不安な気持ちがなくなりました。お世話になった分、一番感謝しています。中ゼミは勉強は思う存分できるし、必要な情報はすぐに得ることができるし、大学の過去問も解ききれないくらい揃っているので受験勉強には最高の環境でした。ありがとうございました。

岩手大学 人文社会科学部

佐藤 観さん花巻北高校卒

とにかく今は合格したことの喜びでいっぱいです。浪人を決意した当初は一年頑張り抜けるか心配でした。しかし来年は絶対に合格してやるというモチベーションで頑張りました。中ゼミの先生方や両親には感謝してもしきれません。

一年間頑張ることが出来たのは中ゼミで快適に勉強できたからです。朝一番から自習室で勉強を開始し、夜遅くまで、というのを一年続けました。自習室の空調のおかげで、暑さ寒さなどをあまり気にかけることはありませんでした。お気に入りの席を決めて勉強することで勉強する習慣を自然に自分の生活に組み込むことができました。疑問に感じた点は、すぐに先生方に質問することが出来ました。先生方は、質問を丁寧に答えてくれるだけではなく、似たような問題や間違えやすいポイントなど+αでさまざまな”おみやげ”をくれるので質問に行く度に力がついていくように感じました。周りも自分と同じように合格を目指してひたむきに勉強している人なので自然にモチベーションを保つことが出来ました。

合格という二文字を手に入れることが出来たのは中ゼミの先生方や両親や友達からのたくさんの応援のおかげです。この一年は、これからの先の人生でも非常に大切な一年であったと思えるようにこれからもがんばっていきたいです。本当にありがとうございました。

岩手大学 人文社会科学部

高橋 花さん盛岡中央高校卒

合格発表で自分の受験番号を見たとき私は生まれて初めて、嬉しくて声をあげて泣きました。一緒にいた母も泣いてくれてその姿にまた泣きました。この1年は大切な1年となりました。中ゼミの先生方、お互いに励まし合った友人たち、そして両親。私を支えてくれた全ての人に感謝します。本当にあの3月6日の午後3時30分、私は生まれて初めて、嬉しくて声をあげて泣きました。私だけではなく、一緒にいた母も泣きました。それにまた泣きました。そのとき、この1年間、中ゼミで過ごしてきて本当に良かったと心から思いました。

6月に行われた球技大会に参加したおかげで仲の良い友人ができて、模試の成績から始まって受験のこと、進路のこと、いろいろ話をするようになりました。模試の具体的な点数を他人に話すなど現役時には絶対考えられなかったことです。私の相談に相手も真剣に考え、アドバイスをくれたりしました。私も相手の話には真剣にアドバイスをしたことで、絆も深まりました。浪人生というお互いが置かれた立場を痛感していたからこそだったかもしれません。とにかく友人のおかげで勉強だけではなく、人間的にも大きく成長できたと思います。ただ単に試験に合格するためだけに勉強し、それで合格したのなら私は嬉し泣きなどしなかっただろうと思います。生徒思いの先生方、友達のおかげで私は合格を掴むことができ、涙を流しながら喜ぶことができました。そして何より盛岡中央ゼミナールに入学させてくれた両親のおかげです。この1年は私にとって一生忘れられない、大切な1年となりました。私を支えてくれた全ての人に感謝します。本当にありがとうございました。

岩手大学 教育学部

澤口 祥太さん盛岡第三高校卒

2014年3月20日に不合格だと知って、「浪人して自分に厳しくなれば合格するだろう」と思って始まった中ゼミでの浪人生活は、結局最後まで自分が納得できるほど、厳しくなれませんでした。浪人してはじめて受けた河合のセンター模試で過去最高点を取ることができました。しかしそれ以降は満足できる勉強の時間も量もこなすことがなかったせいか、大きく点数が動くこともなかったです。手応えがあるかないかよくわからない1年でしたが、この点数を維持できたのが合格の1つの要因ではないかと思います。模試を受けたら結果を踏まえ各科目の取り組むべきテーマを明確にして課題を解決するといったことをすべきだったと思います。

ただしセンター試験が終わってから前期試験までの間は、現代文と古文の記述式の問題集と赤本を準備して短い計画を立ててそれを実行しました。この約1ヶ月間が自分との約束を守ることができた期間でした。自分の周りにいる先生達が優しくて本当に感謝しています。悩みがあれば最後まで励ましてくれる姿勢に何度も助けられました。それと浪人することを許して、毎日弁当を作ってくれた親にも感謝しています。皆が合格の知らせに安心して喜んでくれている様子を見て自分も嬉しいです。この先も自分を高めていくよう頑張ります。一年間本当にありがとうございました。

サクセスボイス